FC2ブログ

16日、歌会始が行われました。私は、学校教育の歴史と国語の授業で、歌会始は取り上げるべきだと考えています。日本のカタチを考える糧となりますし、文学や国語の基礎となることはもちろん、何よりも道徳心、情操教育の下支えになると思います。更に私見を書きますと、日本人は、己のアイデンティティを失いすぎており、これが認知症の遠因となっているとも考えています。認知症といういうのはアイデンティティの希薄・浮遊を伴っ...

Read more

外国語を勉強するときに大切なポイントの一つは、自分の生活に関わることから学ぶのが効果的と言われます。自分の日常と関係のない単語を覚えても、それを使う機会がなければ忘れていくだけですし、外国語は生きた会話ができてこそだと思います。会話ができて、その上で読み書きできるとさらに良いのかと思います。少なくとも、一般人レベルでは、海外旅行で困らない程度の会話力が優先さるかと思っています。会話力がUPする勉強法...

Read more

祈りの中心には何を置くのがいいのか。願いの中心には何を置くのがよいのか。私たちは、自分のことを中心に置きがちです。生きる主体が自分なので、自分のことをまずは考えるのは当たり前のことです。それ自体は悪いことではありません。ただ、それがすべてだと思ってしまうとそれは間違いです。すべてのものはバランスが大事です。距離感、調和とも言えます。例えば我が子の受験の時。親なら、我が子が合格することを望みますし、...

Read more

人は誰でも間違いをします。もし同僚などが間違いに気づかないでいるときに、そっと間違いを教えてあげる気持ちも大切です。その時に、相手が気分を害さないように伝える 私流のことを書いています。間違いを教えてあげること、教えられること。1では 間違いを教えることの意味を考えること。教えることで自他共に向上することを目指す。目指す地点を見据える。2では、伝えにくさはの要因の一つは、自分と相手との関係を自分で勝...

Read more

ひとつ前に、自転車が右折するときの注意点を書きました。続きです。「注意する」というのは、自己管理であると同時に、リスク・マネジメントです。自分の身を守るために、どうすることが安全かという基本姿勢のことです。自身の安全は、周囲の人々の安全に繋がることも多いのです。私が中学までは、『人は右、車は左』 と教わりました。少し調べてみたら、どうやら今もそのようです・・・。道路交通法 第十条 歩行者は、歩道又...

Read more