ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 孤独

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 育児      祈り  孤独  さみしさ  自己中  食事  

さみしさ、孤独

孤独やさみしさについては、当ブログでは何度も書いていますが。
少し訳があってツイッターで孤独感についてツイートしました。
以下少し変えてまとめました。

ハスの花


孤独が認知症の原因になると言われていますが、これは物理的な孤独という意味ではありませんで、精神的孤独のことです。
これは介護現場に10年以上関わってきた経験からです。
一人でいることは、他者から見れば孤独かもしれませんが、重要なのは、一人きりだと本人が感じているかどうかです。
本人が孤独や寂しさを感じているか否かです。

施設では、面会者が誰も来ない高齢者でも、しっかりと過ごしている方がおります。
逆に、家族が足繁く面会に来ていても、「さみしい」「誰か来て~!」 と言って泣く高齢者もいます。

周囲にたくさん人がいても孤独感を感じたことはないでしょうか。
孤独を感じることは、高齢者だろうと若者だろうと関係ありません。
精神的な孤立感、孤独感こそが負の感情のスパイラルに導くのであり、
これの最終的な対策は、自分自身をしっかりと生き切るという覚悟だと私は考えております。

KP_Yoshimi (9)


孤独感というのは自分のことしか見えていない状態と思います。
どれだけ多くの人のお世話になって今を生かされているのか・・・ここを少し考えてはどうかと思います。
赤ちゃんの頃には両親はじめ多くの人のお世話になってきたはずです。
食べ物だって、生きるために多くの命が犠牲になってあなたを支えてくれました。

日々買い物をするにしても、それを作ってくれた人がおり、店まで運んでくれた人がおり、販売してくれる人がおります。
それらはあなた一人ではできないことです。
この一事をしっかりと思ってみるだけでも、一人きりなんてことはありません。
多くの人が見えないところで支えてくれているのです。

とりわけ、あなたが今まで食べてきた生命たちは、文字通り命を捧げてくれたのです。
あなただけのために。
これだけでも、あなたは、あなた自身をしっかりと生きる責任があります。
あなた自分の命をないがしろにしたら、今まで命を捧げてくれた者【生命】たちに、どう弁解するのでしょうか?
このことは毎日の食事のときに、少し考えたほうがいいと思います。
食事は日々の神事です。
いただきますという言葉には感謝と共に、私は生きる!という覚悟が必要です。他の命を頂くわけですから覚悟がいるのです


生きる意思がない者は、食べないことです。
働かざる者食うべからず、という諺もあります。
働くというのは意識をもって生きることです。仕事などという薄っペらなモノの事ではありません。

arigato


生きる覚悟があるからこそ、多いに楽しみ、多いに悲しみ、多いに感動するのです。それが生命の働きではないのでしょうか。
高齢になって楽しみがないと嘆かれるヒトは少なくありませんが、死ぬまでが人生なのです。
年齢を重ねて多くの人と交わり、物事と出会い、より広い見識と思考を身につけてきたはずですが、
いい歳をして、視野が狭くなり、自分のことしか見えないとしたら、何ということでしょうか。
なんと情けない年齢の重ね方をしてきたのかと思わざるを得ません。

年長者を敬えとは言いますが、これで「敬える」に値するでしょうか?
敬えるに値する生き方をしてきたでしょうか。
・・・ここは私自身への戒めを込めて書いております。

生きる意味が解らないという方は、今まで食べてきた生命体に対してご供養の気持ちでこれからの日々を過ごされてはいかがでしょうか?
食べてきたものを供養する気持ちは、自身の生命を供養することと同じことです。

桜田門 桜


孤独やさみしさを感じる方の生き方は、
誰かが鐘をついてくれて初めて音が鳴るような、鐘のような生き方です。
撞いてくれる人がいないと自分が何者かわからず、ただ寂しい、孤独、誰か来て、誰か助けて・・・と嘆く人。
他人任せなので、何かあるとすぐに責任を他者に転嫁しがちで、不平不満も多いです。
自分で選び、考えずに生きているので、人生に責任など感じません。すべては流されて生かされている状態です。
自分で選ぶのは外からの刺激に対する反射や感情だけなので、当然ながら状況や感情に振り回されやすくもなります。
これは自分を生きているとは言えません。


自分自身を生きるというのは、自ら鐘を撞く生き方です。
自分の足で歩む人生。そこには選択する責任、覚悟が伴います。
自分自身で考え、判断し、思いを行動に移す生き方ですから、間違いを犯したら反省、修正もするでしょう。
言うこと、行うことに、思考の方向にも慎重になると思います。

座禅



自分のことしか考えないから寂しいのです。
さみしさや孤独感というのは、自己中な思考が原因と私は考えています。・・・私自身がそうでした。
自分のことしか思えないからさみしく孤独で哀れなのです。
意識を自分のことに集中してしまうから行き止まりになってしまうのです。

自分以外の生命、モノに思いを向けて見ると、いつも支え、見守ってくれている事に気付かれるかも知れません。
どれだけ周囲に助けられているかを知る者は、知った分だけの感謝を持てます。
自分の中の光に出会えた人は、自分のことに集中しても光と共に在り、孤独やさみしさとは無縁です。
どれだけ自分が支えられているのかを思ってみましょう。

butsuzo


よき光とともに過ごせますように。
南無遍照金剛。
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト




Category: 心の言葉◆Words   Tags: 育児  介護  子育て  教育  学び    孤独  

孤独と自意識過剰

先日、興味深いツイートを見たので紹介です。

岡本太郎


さみしさ、孤独という言葉から、私は認知症になった方々を連想します。・・・以前にも書きましたが、認知症は自身の業と向き合えないことが、その大きな原因のようです。業というのは悪いイメージを持たれるかもしれませんがそれは違います。業とは、人生の課題のことです。人生の課題が分からないということは、自分自身が見えていないという意味と同じです。自分自身が何者なのかわからないのです。

これが当ブログで何度も書いている心の向きの点検、自己内観です。
自分が言ったこと、行動、思ったことを「自覚する」ことが重要ということです。 →言行心

神々の光


冒頭のツイッター引用の話ですが、孤独の多くはかまって欲しい、相手にして欲しい、見てほしいという欲求から来ます。誰も分ってくれないと思うのも、突き詰めますと自己中心的な渇望で、この思いはブラックホールです。どれだけ多くの人に注目されようが認められようが満たされることなど永遠にありません。自分自身の「本当に」気づかないと乗り越えられません。
これを克服するためには徹底的に孤独になってみることです。

■孤独な状態■ 
→ 自分 ← 
・自己中 ・閉じられた世界 ・自分本位 ・世界の中心 ・収束 ・吸引 ・受取など

■孤独ではない状態■
← 自分 →
 ・他者 ・開かれた世界 ・他者への興味や関心 ・人間のひとり ・拡散 ・分配 ・放出 ・など


わたしは昔、知覧に行きました。
その時、川沿いの土手で野営をしたのですが、日没直後にライトが壊れて真っ暗闇になりました。驚くことに、目の前にかざした自分の手すら見えませんでした。 月も出ない夜で、集落からは離れた場所です。真っ暗闇の中独りきりでした。・・・時間が経てば目が慣れて見えてくるだろうと、軽い気持ちでいたのですが、時間が経つほどに夜の闇は深まり、結局何も見えないままでした。孤独感と暗闇の恐怖・・・いろんなことを思い、考える一夜でしたが、翌朝の朝陽は神々しかったです。この体験
以来、多くの感覚と認識が変わりました。見えるもの、聞こえるものが昨日とは違う感覚を経験したのはこれが最初でした。


イエス様もお釈迦様も、悟りを開く時には孤独でした。
このことは多くのことを示唆しているように思います。


佳き光とともにあれますように。
南無遍照金剛


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >