FC2ブログ

もうすぐ日の出の手賀沼の空。色を変えていく美しい瞬間を重ねて、ゆっくりと思った色彩の変化は速度を増していく。太陽が頭を見せる瞬間、一筋の光が差すその瞬間、空も空気も風景も、それまでとは全く違う姿に変わる。メタモルフォーゼ。人の心も、ふとした一瞬の出来事で何ものかに気づくことがある、これもひとつの悟り。その世界を一度知ったなら、それまでの世界はすべて違って見えてくる。願わくば、宇宙の光と慈悲に気づけ...

Read more

今朝はすごく久しぶりにデジイチを連れて自転車に乗りました。家から一番近くて大きな自然・・・・それが手賀沼です。本当は毎朝でも行きたいところです。本日撮った写真を動画にしましたので掲載します。お暇ならご覧意ください。・・・私にとっては、動画を作ることも神事です。日々の穏やかな日常がしあわせです。日々の糧をいただき、夜露をしのいで暖かい布団があって、これ以上のしあわせはありません。佳き光とともにあれま...

Read more

私たちのいる地球は太陽系という環の中にあります。誰もが一度は目にしたことがある太陽系の図です。いのちあるもの、動いているのですが、太陽系も常に動いています。それは惑星の自転、そして惑星が太陽の周囲を回る公転、そして太陽系そのものもまた回転しています。ここまでは一般的ですが、太陽系は回転しながら宇宙を移動しているというと・・・イメージできるでしょうか。太陽を中心にした太陽系はそれ自体が渦を巻いて回転...

Read more

今日は端午の節句です。男の子のお祝いですが、記念にとても大事なお話を書きます。太陽を拝むことについてです。にほん人なら太陽を拝むことは当たり前です。ラフカディオ・ハーンの著書でも、早朝、町を歩く人々の下駄の音がするが、朝日が登るとどの下駄もしばらく音が止む。それは各々が太陽を拝んでいるからで、拝み終えると再び各々の下駄の根が軽やかに響く・・・という記述があります。明治時代においては日本人の精神感覚...

Read more

歴史は新たな遺跡発掘などで刻々と修正されています。聖徳太子について少し調べていて、面白いものがあリました。聖徳太子といえば奈良の法隆寺が有名です。斑鳩宮、太子道など、考古学的にも貴重な遺構がたくさんあります。そして浪速:大阪には太子ゆかりの四天王寺があり、七星剣が納められているとか。私はかつて京都にも奈良にもアクセスしやすい土地に住んでいたので、聖徳太子は馴染み深いのです。でもその反面、地方の伝承...

Read more