ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Sort by 介護

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 祈り  教育    障害者  車いす  介護  育児  

お茶を持ってこい! ~関わり方と軸足~

介護の基本姿勢は「自立支援」です。
自立の支援というのは、利用者様の人生は利用者様のものであるという前提であり、その認識が必要だということです。


こんなことがありました。
サービス付き高齢者住宅での食事の時のことです。
ヘルパーY が、給茶機でお茶を入れて利用者のAさんに持っていきました。
Aさんは要支援1の方で、軽い物忘れはありますが日常生活はほぼ自立の方です。
今までは、給茶機から自分でお茶を入れて食事の席に着いていたのですが、
ヘルパーY がお茶を持って行ったことで、これ以降、自分でお茶をもっていかなくなりました。

そして、ヘルパーがお茶をお持ちしないと腹を立てて、
「どうしてお茶を持ってきてくれないの?ヘルパーYさんは持ってきてくれたのに!」
と不満を言うようになり、
とうとう
「お茶を持ってきなさい!」 と怒鳴るようにすらなってしまいました。
これは、ヘルパーY が良かれと思ってやった行為がきっかけで、利用者Aさんに間違ったメッセージを植え付けてしまった例です。

クレーム お茶 介護


他者(ひと)の人生は、その他者が生きているのです。

この点をよく考えてみると、いろいろな課題が見えてきます。
自分がどのように相手の人生に関わっていくのがよいのか。
自分がその人の人生に、どのような言葉を投げるのが良いのか。
その人の自立のために、どこまで手を差し伸べたらよいのか。
その人の思考に、どのように伝えたら誤解のないように伝わるだろうか。
この人に、いま手を貸すとどのような結果になるだろうか。
その人は今、どういう状態にあるのだろうか・・・。


日本の社会は、まだまだ障害者に接するのがへたくそです。
相手の心にぐいぐい入り込みすぎるか、おどおどして結局何もできないか・・・両極端のようにみえます。
見た目の違いを、あまりに大きくとらえ過ぎているように、私には見えるのです。

他人は他人です。
同じ人間です。
それ以上でも以下でもありません。
会社の課長だろうが、新入社員だろうが、一般社会では肩書など意味のないものです。
同じように、目が不自由だろうが足が不自由だろうが脳に障害が在ろうが、そんなことは人として何の区別も不要です。

こういう部分でおかしな忖度をすると、社会全体が歪んでいきます。
よけいな配慮、歪んだ尊敬観・・・・報道の在り方にもあからさまに出ています。


#85 車椅子ユーザーへの声のかけ方【サポート方法】



関わる というのは、他者の人生に介入することです。
自分の軸足がぶれていると、それだけぶれた対応になります。
自分の軸を持っていないと、ただの行き当たりばったりの対応になります。それが他者に対する態度でいいのでしょうか。

他者の人生に対する意識が自分都合になっていると、自分の新設を押し売りしたり、価値観を強制したりして、相手を強制させることになります。支配下に置くことになるということです。
逆に、他者に対してどうでもいい、無視していると、自分がその立場になった時に誰からも目をかけてくれなくなるでしょう。


自分を精査し、自分の地軸を据えること。
そして、他者との関係はどのようにあるのが安寧なのかを模索すること。
疎かにせず、大切にしたいと思います。


南無遍照金剛
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト




Category: 日々思うこと   Tags: 政治  障害者  ALS  脳性まひ  介護  教育  れいわ新選組  育児  

重度障がい者 国会議員に

れいわ新選組



れいわ新選組から、重度障がい者2名が当選しました。

船後靖彦氏 →  難病 ALS(筋萎縮性側索硬化症)
木村英子氏 →  脳性まひ

↑氏名、病名をリンクしています。
多くの一般人にはなじみのない病気かも知れません。この機会に少しだけでも理解いただけると、関係の仕事をしている私としては嬉しいです。


記事にある通り、いずれも手足を自由に動かすことが難しい障害です。
これは一般の人たちにはなかなか理解が難しいのかも知れません。


この件に関してどう思われるでしょうか。




・・・ツイッターで、こんなものもありました。 ペンネームは伏せておきました。↓

ツイッター 障がい者が国会議員


このツイ主は、チャレンジとして認めておりますが、引用されている方は否定的です。
このツイートの両者の思いには大きな違いがありますが、これはとても大切なことを示しているように思います。



新党“れいわ”と“N国”に初の政党交付金支払いへ(19/07/23)


多くの一般の方々が、よく分からない病気の人が国会議員として務まるのか?と不安になる・・これは理解できます。
しかし大事なのは病気ではなく、その方がどういう人物なのかということです。

おふた方とも重度の障碍者ではありますが、共に事業をされて役職にも就いております。
つまり、日常の生活、介護に関してはもちろん、仕事に関してもかなりの実績を積んでこられたということです。



上の図で、否定的な意見:政治はそんなに甘いものではないという主張ですが、甘い仕事などありません。

重度障がい者が国会議員としての仕事ができるのかという主張も、これは前例がないので誰にも判断できないことです。
当選された当人はもちろん、国会議員の歴史上初のことであり、つまりは私たち日本人が初めて遭遇するできごとです。
もし重度障がい者にはチャレンジすら認めないというのであれば、それは民主主義でしょうか?

おかしいことを何故おかしいと言わないのか とも言ってますが、どこが? 何がおかしいのでしょうか? 「おかしいこと」と決めつけているこの方の方が、私はおかしいと思います。

天使


国会というのは、私たちの国のかたちを決める大事な機関です。
そこには目指すべき理想と、国民として模範となる態度や心が伴っているべきだと私は思います。
生きている生物としてのヒト・・・これを基準にした世界に移行していくのが良いかと思っています。


聖徳太子の憲法十七条には次のようにあるようです。


~ 第十七条 ~
何ごとも1人の独断で決めてはいけません。些細な事ならいざ知らず、大事なことは一人で決めてしまうと判断を誤ることもあるが、みんなで議論を尽くせばきっと良い結論が得られるはずです。



今までの国会運営は、障がい者にとって決してよいものではありませんでした。
障がい者の声は、ほんとうに国会に届いているのか?という状況でした。
今回、国会に直接当事者を入れることに成功しました。
不正な手段ではなく、合法的な手段によって、国民に選ばれたのです。

当事者がいることで、国会には生身の感覚が注がれるはずです。
血の通った肌感覚。
たとえ今回のチャレンジが失敗に終わったり、挫折することになっても、生身の人を前にした議論と、頭で理解したり、聞いた話で議論するのとでは天と地ほどの違いがあります。


多くの困難はありますが、障がい者という「社会的弱者」を送り込めたことは、多くの下層社会の人々の思いを届けることにもつながると思います。


見た目で判断しない。やる前からムリと決めつけない。
その人のチャレンジを、可能な限り認められる社会。

私は、今回のお二人の議席獲得に、多くの希望を感じます。
そして、応援したいと思います。




よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。


手賀沼朝景20150622

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: ツイッター  

06/04のツイートまとめ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
関連記事
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Category: ツイッター  

05/03のツイートまとめ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
関連記事
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Category: ツイッター  

04/21のツイートまとめ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
関連記事
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >