FC2ブログ

ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: サイクリング記録など   Tags: ブログ  切り折り紙  インスタグラム      pray  育児  

当ブログについて Earth pilgrims

この記事は常に冒頭に置いている導入記事です。
日々の更新はこの記事以下からです。

猿田彦大神様

とみたや のブログへのお立ち寄りありがとうございます。
自転車に乗って神社仏閣を訪ねるのが悦びです。
写真やアートが大好きで、そういうのをメインにしておりましたが、ここ数年は、精神的なことを書くのが多いです。



当ブログで切り折り紙を探しに来られた方は、カテゴリーのART大好き(ブログの最下段にカテゴリー一覧があります。)、もしくは記事の上部のカテゴリー 切り折り紙 をクリックください。
最下段のリンク集にも、アートな方々のHPをリンクしています。

*************************************************************
いいことも悪いことも、すべての事象は一人びとりの心から起こります。
人には肉体や能力の差がありますが、心はすべての人が平等に使える無限の能力です。
それ故、心がどこに向いているのか、何を思い、何を拝むのかは非常に大切です。
肉体と同じように、心も日々のメンテナンス → 反省、思いの修正 がとても大切です。

自身の心を点検することは、宇宙の光と繋がる唯一の手段です。
私たちは本来神仏の光の子として生命を受けております。
このことを思い出すのによい教材がアミの本2冊です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) [ エンリケ・バリオス ]
価格:596円(税込、送料無料) (2017/6/30時点)




2013年2月にロシアに落下しようとする隕石を粉砕して被害を小さくしてくれたのはアミの仲間。
地球を守るために宇宙と地球内面からもたくさんの支援があります。
私たちはそうした支援の中で日々を生きております。



地球をいじめつづける現代地球文明はすでに滅亡のどん詰まりす。
そんな世界でも守ってくださる方々がおります。
感謝です。
ここに感謝を感じられると世界は変わって見えてきます。→メタモルフォーゼ

地球人が何をしているかをよく表現している動画です。↓





**********************************************************
!!原発は即時全世界で撤廃すべきです。
原発は地球への負荷、後世への負の遺産、経済性すべてにおいて最悪です。
■リンクです。→原発がどんなものか知ってほしい 平井憲夫さん
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
↓ツイッターは主に情報収集に使っています。





わたしは物をオススメすることはほとんどありませんが、松並木さんのガーゼケットはおススメです。
私は10年ほどこちらのガーゼケットを使用しています。これを使用してから眠りの質が変わりました。
眠りの質は、肉体を維持するためにはとっても大切なことです。



食べ物からもろもろの恩寵を思い、
いのちの在り方を考えることを、当ブログではおススメしております。
食事は、毎日行う行為ですので、その時間を命を考える時間、天地人の恵みを考える時間とすることで、
今まで見えてこなかったものがたくさん見えてきます。
ぜひ食事の時間を、祈りと感謝の時間にあててみてください。

食に関する記事はこちらからどうぞ。→食事を考えるブログ記事

・参考リンク → 不食者「山田鷹夫」さんの公演2015

道元 曹洞宗 いただきます





令和元年台風19号
令和元年台風15号
熊本地震情報 2016年4月14日21時26分頃
東日本大震災 2011年(平成23年)3月11日午後2時46分

よき光と共にあれますように。
南無遍照金剛。
悪霊・転利役人どもの消滅を祈願いたします。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト




Category: 新興宗教からは離れましょう   Tags: 新興宗教  信心  神仏  祈り  詐欺  悪霊  

新興宗教の怖ろしさ 001

しばらく、新興宗教のことも書いていきます。

私も10年ほど前にやめたのですが、ある新興宗教の信者でした。
新興宗教の怖ろしさは知るほどにぞっとします。

なぜ新興宗教が恐ろしいのか。

私自身の体験から詳しく書いておきます。
いつも通り、私自身の心の修正も兼ねております。

新興宗教はおそろしいです。
関連記事の一覧です。→ ■新興宗教からは離れましょう



私は物心ついた時には、すでに両親が新興宗教に入っていました。
したがって、子どもの頃から新興宗教の信者として、祈りの集会に連れていかれていました。

こういうケースは新興宗教団体に所属している若い人たちにも多いのではないでしょうか。
二世信者、三世信者というやつです。

私が所属していた新興宗教の教えは、
つい最近までこのブログにも一部を紹介していました。
もしかしたら、そこから検索をしてたどり着いた人もいるかもしれませんが、
新興宗教には絶対に入会してはいけません。
どんな理由、事情があっても、です。
何かの宗教に入る必要もありません。


先述した通り、私は新興宗教をやめてから10年を経てますが、
それでも最近までその教えをブログに上げるくらいのことをしていた
のです。
当ブログを読まれている方には、これがどれほど恐ろしいことかを、まずは考えて欲しいです。

※新興宗教由来のブログ記事、ツイッターは削除しました。ただ、取りこぼしがあるかもしれませんので、見つけ次第駆除します。当ブログを読まれた方で気付かれた人はご指摘いただけると非常に助かります。


新興宗教に関してまず書くべきことがあります。
それは、
新興宗教に入会されている方はすぐにおやめになること です。

新興宗教を脱会された方々の体験が書かれた記事やブログもあります。

詐欺の手口を知る参考になるかもしれません。

脱会が難しい新興宗教もあると聞きますが、
最良の方法で少しでも早く脱会できますことをお祈りいたします。




南無遍照金剛

神々の光




-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 新興宗教からは離れましょう   Tags: 新興宗教  祈り  信心  信仰    

布教という名の傲慢 ~新興宗教の怖ろしさ 003~

私が新興宗教に所属していた時に、イヤだなと思っていたことのひとつ布教活動というやつでした。

集団で町に繰り出して、家のポストに新興宗教のチラシを入れて歩くのです。
これが死ぬほどイヤだったので、私は数回参加した後、参加するのをやめました。

また、私の所属していた新興宗教の信者の大人たちが、 
「いやぁ、わが宗はすばらしいですね」  と言っているのを何度も聞きましたが、
その素晴らしい宗教の信者として、あなた方の普段の生活、言行はどうのさ?と、
子どもながらに聞いていて恥ずかしくなりました。

それに、
特定の新興宗教に属さない人でも、素晴らしい人はいるのですから・・・。



なぜ布教活動が死ぬほど嫌だったのか・・・。
すばらしい宗教だと言っているその宗教が、もし本当に素晴らしいものであるのなら。
すばらしい宗教だと言っているその人自身が、もし本当に素晴らしいお人柄であるのなら。
他人は自ずから訪ねてきたり、質問してくるはずです。
本当に素晴らしい宗教なら自然と周囲の目に留まるはずです。

もし素晴らしい宗教に所属しているあなた自身が素晴らしい人物なら、
解脱したお釈迦様や、キリストとなられたイエス様のように、
周囲の人は自ずから寄ってくるものではないですか?
 


・・・この思いは大人になってからのものではなく、子どもの時からありました。
実際に口に出したこともありますが、お前は悟りが足りないと言われただけでした。



考えてください。

お釈迦様も弟子を持ちましたが、それは、ご自身が解脱したからこそなのです。
イエス様も弟子を持ちましたが、それは、ご自身がキリストとなられたからこそ
です。

新興宗教で布教活動をされている方々は、
ご自分が解脱されましたか?
ご自分がキリストになられたのですか?


あなた自身が解脱もできていない、
あなた自身はキリストにもなれていない・・・なのに布教活動ですか?
悟りを開く前のお釈迦様が布教したでしょうか?
キリストとなられる前のイエス様が布教をしましたか?

自ら悟りに達せず、自らキリストとなれていない身分の者が布教をする。。。
これはお釈迦様やイエス様の道を否定する行為、冒とくだと私は思います。
なによりも、あまりに傲慢な思考と行動だと私は思うのですが、どうでしょうか?


ここで初回に書いた宗教『団体』→ 宗教組織の弊害が問題となります。

花 ユキヤナギ 雪柳 春


布教活動を平気で行う心理の背景には、宗教団体という組織の力があります。
組織の一員として自分が守られているという安心感、優越感、独善感、特別感・・そういうものです。
それは次のような言葉によく現れます。
「この宗教にいれば、天国に行ける」
「この宗教に帰依していれば、ハルマゲドンを生き残れる」
「この宗教に属していれば、いい死に方ができる」
「わが宗教こそ最高であり、他宗は邪教である」

これらはすべて、自分の信心を棚に上げ、宗教団体の威厳を振りかざした妄言です。
宗教団体に所属しているという安心感からくる独善的で自己中的な思考。つまりは堕落といえます。


宗教団体とは切磋琢磨する道場であり、仲間づくりのサークル活動や、宗教を誇示するために存在するのではありません。
そもそもお釈迦様もイエス様も、宗教団体など組織していないのです。


当ブログでは何度も書いていますが、
信心とは、自分と神仏との関係であり、宗教団体と神仏との関係ではありません。
悟りを開くは個々人であり、≪宗教団体≫が悟りを開くのではありません。
信心は宗教団体、組織ではなく、個々の課題です。
ここの意味をよく考えていただきたいのです。


新興宗教に入会しようとしているなら、やめておくことです。
信心を深めることは、どこの宗教に属さずとも、誠心があれば誰でも何時でもどこででもできることです。
ましてや日本には、身近なところに神社があるのです。

信仰とはなにか。
信心とはなにか。
これらをよく見据え、悪しき新興宗教の餌食となりませんようにお祈り申し上げます。

南無遍照金剛




神々の光




-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 新興宗教からは離れましょう   Tags: 信仰  宗教  祈り  悪霊  悪魔  詐欺  

やめた理由 ~新興宗教の怖ろしさ 002~

新興宗教の怖ろしさの2回目です。
新興宗教をやめた理由について書きます。


初回に書きました通り、私は両親が新興宗教に所属していたので、
物心ついた時には信者として集会に参加しておりました。
神仏に祈ることには違和感はありませんでした。

私は小学生に入るころには、世の中の大人たちの欺瞞や不誠実さに嫌気がさしており、
地球社会はロクでもない世界だという認識がありました。
逆に言うと、だからこそ新仏を求める気持ちというのは素直に受け入れることができ、
新興宗教とはいえ、宗教を通して神仏に祈る行為を受け入れやすい素地がありました。

・・・ただ、そこに集う大人たちの言動には不信感を抱きましたし、
集会や行事でおこなっている内容にも疑問がありました。
どのようなことに違和感や疑問を感じたかは、後日詳細に書きます。


タイトルのことです。
私が新興宗教をやめた理由は、至ってシンプルです



町に神社があるのに、
どうして わざわざ 宗教団体に所属していないといけないの?


ということです。


キーワードは 『団体』 です。

考えてみてください。

信仰とは何なのか? を。

祈り




いくつか質問を記します。

質問1■
お釈迦様が悟りを開くことができたのは、宗教団体に入っていたおかげですか?
イエス様が悪魔を下してキリストになれたのは、宗教団体に所属していたからでしょうか?



質問2■
では、2つ目の質問です。
お二方とも、誰か師匠がいたでしょうか?
誰かに師事したから、それぞれの境地にたどり着いたのですか?



質問3■
3つ目の質問です。
お釈迦様やイエス様はお金を積んでその地位や名声や悟りの境地を得たのですか?
お釈迦様やイエス様は、お金を寄付して何かの地位やランクづけをしてもらいましたか?



・・・・お釈迦様もイエス様も、特定の宗教団体を支持しておりません。
そしてお二方共に、師匠などおりませんでした。
当然ですが、お二人ともお金からはむしろ距離を置かれました。そしてお金で地位を与えたり、お金を積んで位を得たりするようなことはしてません。
お釈迦様もイエス様も、弟子たちをランク付けなどしておりません。


花 蓮


ただ、新興宗教の教えにおかしなところがなければ、別に辞めなくてもいいじゃん・・・となってしまうかもしれません。
まともなことを言って、おかしなことをやっていないなら新興宗教でもいいじゃん、と思ってしまう
かも知れません。

幸いにして、私は上記のような矛盾を許せず、新興宗教団体からは離れることができました。
そして、私は自分でも、『もう新興宗教とは関係ない』と思っていたのです。
しかし違いました。
初回に書いた通り、新興宗教をやめた後10年以上にわたり、その教えの呪縛から抜け切れていなかったのです。
ここに新興宗教のこわさがあります。
これは信心を利用した支配、奴隷化に他なりません。


引き続き、新興宗教の怖ろしさについて書いていきます。

私の失敗を共有することで、新興宗教への入信・入会はやめましょう・・・そういう気持ちから書いております。

因みに現在のKILIST教も新興宗教の内です・・・。


続きます。

南無遍照金剛


新興宗教はおそろしいです。
関連記事の一覧です。→ ■新興宗教からは離れましょう


天王寺垂れ咲き



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: ツイッター  

11/21のツイートまとめ

TomitayaArt

RT @shiroi003: 愛のカタチは人それぞれ https://t.co/xAOzvJcf8g
11-21 00:01

OYOって、知るほどにスゲーことしてるな。まともな頭では実行するって判断出さないと思うが。。。。OYO徹底解説、ソフトバンク倒産、続編。OYO life、オヨ、ビジョンファンド、赤字、LINE買収、合併、決算。 https://t.co/QpDJBTrJEi
11-21 00:21

憲法改正よりまずはこっちを何とかしたほうがいいと思うのだが。。。敗戦国ニッポンに残された「敵国条項」が命取りになる (一色正春) - オピニオンサイトiRONNA https://t.co/1mrmtdQN47 #iRONNA
11-21 00:41

RT @ogapy1208: なんか、TLでプロの人達から批判、懐疑の意見続出ですね。ご批判の方が説得力を感じます。商品開発部とか技術部とか、先に技術が有ってそこから商品を「空想」して造ることが多いのでは?←碌なものが出来ない介護士に尋ねない、現場を見に行かない←多…
11-21 01:40

RT @garyukirigami: おはようございまシュリンプ♪昨日夕方から風邪の兆候があったので万が一に備えて強制ダウンしておりましたwまぁ…基本不眠症なので寝込むことができたというのは弱っていた証拠なのかも(笑)返信等遅れて失礼しておりますが<(_ _)>太…
11-21 10:29

RT @ssomurice_round: 『野党、桜を見る会、攻勢に拍車(#時事通信)』今回は桜よりも、国家にとって重要な他の課題を国会で議論しろと言う声が圧倒的に多い。しかし、民主主義国家でありながら、マスコミも野党も、この国民の声を一切無視している。マスコミは誰…
11-21 10:29

RT @umwelt00: おばあちゃん達に見せたらかなりの人が「はらぺこあおむし」折りたいというよ。12月一緒に折ることになったのでまた準備してる。 https://t.co/CO1tOnDZN6
11-21 10:31

RT @makichac_a: @kusabanaasobi あっ、ありがたきお言葉〜🙇‍♀️研究員に相応しい人員になれるよう精進します!クヌギの葉のリス🐿作ってみました思うような形にならず、思わず大量生産してしまいました😅イチョウの葉の小鳥も作るのが楽しくて大量生産して…
11-21 10:32

RT @kinshi93: よく潜水してる僕でも、滅多に見れないカニ泳ぎ🦀 Swimming crab🦀 游泳蟹🦀https://t.co/8Hqw07uhJ2
11-21 11:55

RT @yomiya2012: 広島県 尾道市の巨石群巡り 岩屋山~浄土寺山~タンク岩~千光寺 https://t.co/I0g1PYtrL6 #r_blog
11-21 11:58

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 皇室  女系宮家  女性宮家  皇位継承  天皇  

皇位継承 ~女系宮家は工作~

皇位継承について、日本の尊厳と国益を護る会が意見を集約して発表されていました。



安定的な皇位継承へ「旧宮家」の復活を【会見ノーカット】/自民党「日本の尊厳と国益を護る会」


下は2012年の動画です。すでにこの時には旧皇族の復帰の検討や、女性宮家という禁じ手の話がしっかり行われております。
皇位継承の問題は、最近の話しではありませんし、男系男子の皇位継承の大切さは、生物学をちゃんと理解していれば理解できる話です。女性差別などという人は勉強不足か、わざと議論をそらす工作です。


女性宮家問題と旧皇族復帰について[桜H24/1/30]



天皇の存在は、制度ではありません。

いい加減な論を振りまいて、民衆を混乱、愚弄するのはやめた方が良いです。


グレた学生の環境問題やおかしな左巻き右巻きの話があちこちで起きております。
おかしな話に振り回されないように気を付けたいと思います。

南無遍照金剛



数十年に一度!天照大御神から伝わる『大嘗祭』は日本で一番大切なお祭りです!


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram
関連記事


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >