ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: ぽたPhoto   Tags: ブログ  切り折り紙  インスタグラム      pray  育児  

当ブログについて Earth pilgrims

猿田彦大神様

とみたや のブログへのお立ち寄りありがとうございます。
自転車に乗って神社仏閣を訪ねるのが悦びです。
写真やアートが大好きで、そういうのをメインにしておりましたが、ここ数年は、精神的なことを書くのが多いです。

インスタグラムはマイクロブログ、メモがわりとしてほぼ毎日更新しております。
↓写真も切り折り紙も、ほとんどこちらにアップしています。

Instagram

-*-*-*-*-*-*-*-*-
当ブログで切り折り紙を探しに来られた方は、カテゴリーのART大好き(ブログの最下段にカテゴリー一覧があります。)、もしくは記事の上部のカテゴリー 切り折り紙 をクリックください。
最下段のリンク集にも、アートな方々のHPをリンクしています。


いいことも悪いことも、すべての事象は一人びとりの心から起こります。
人には肉体や能力の差がありますが、心はすべての人が平等に使える無限の能力です。
それ故、日々なにを思い、何を拝むのかは非常に大切です。
肉体と同じように、心も日々のメンテナンス → 反省、思いの修正 がとても大切です。

自身の心を点検することは、宇宙の光と繋がる唯一の手段です。
私たちは本来神仏の光の子として生命を受けております。
このことを思い出すのによい教材がありますので紹介します。アミの本2冊です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) [ エンリケ・バリオス ]
価格:596円(税込、送料無料) (2017/6/30時点)




2013年2月にロシアに落下しようとする隕石を粉砕して、被害を小さくしてくれたのはアミの仲間です。
否定する人もおりますが、そういう者とは話などしても時間の無駄です。分けましょう。
地球を守るために宇宙と地球内面からたくさんの支援があって初めて私達が生きることが出来ております。
地球をいじめつづけた地球文明はすでに滅亡確定ですが、それでも守ってくださる方々がいることに感謝です。
ここに慈悲を感じられると、世界は変わって見えてきます。→メタモルフォーゼ

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
!!原発は即時全世界で撤廃すべきです!!
原発は地球への負荷、後世への負の遺産、経済性すべてにおいて最悪です。
リンクです。→原発がどんなものか知ってほしい 平井憲夫さん
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
↓ツイッターは主に情報収集に使っています。
2017年になって、私に光の存在を示してくださった方々がTwitterをはじめられました。
心を見つめる時間を持ち、修正できますように。。。

------------------------------------------------------
見えない世界 → 霊の世界があることは多くの方に知って欲しいです。
この物質界は霊界と共に在ります。
当ブログにも、不思議な体験のことや、霊のことを少し書いております。
怖い話ではありませんので、お時間があれば読んでいただき、ご自身の生活を振り返る素材にしていただけると嬉しいです。
関連記事はこちらから→・霊の話
-------------------------------------------------------
わたしは物をオススメすることはほとんどありませんが、こちらはオススメの寝具、松並木さんのガーゼケットです。
私は10年ほどこちらのガーゼケットを使用しています。これを使用してから眠りの質が変わりました。
眠りの質は、肉体を維持するためにはとっても大切なことです。







不食者「山田鷹夫」さんの公演2015
よき光と共にあれますように。
南無遍照金剛。
悪霊・転利役人どもの消滅を祈願いたします。
---------------------------------------------------
《行うとは、思うことにあらず。その思いに生きんとなす心なり。》
《拝む心は神と人との天地に架けられたる唯一筋の橋に外ならず。》
《心なくして形式あれど、そは真の相にあらず。》
《かずかずの心の角が次々と おちゆくほどに幸は近づく》



熊本地震情報 2016年4月14日21時26分頃
東日本大震災 2011年(平成23年)3月11日午後2時46分


スキ間ビジネス - 副業、独立起業、在宅情報


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事
スポンサーサイト

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  古代  歴史  育児    教育  

古代の巨石文明の人々は石をこねた?

現代のテクノロジーは、古代と比較すると大変に退化したものです。
最先端科学に携わって、謙虚に研究されている方々がそう言っております。
例えばギザのピラミッドは、現代の最先端建築技術をもってしても再現が不可能とされています。

古代の巨石文明を知っていくと、古代人が未開で劣った世界で暮らしていたなどとは口が裂けても言えないはずです。
文字がないのは未開人で、文明は文字と共に発展したというのも、悪しき学校教育の洗脳のようなものです。古代人には文字などという低次元のものは必要なかったという方が真実に近いです。文字は目に頼る人を洗脳しやすい→騙しやすいのです。
暴力で人民を支配してきた地球人ですから、残された文字情報というものの信ぴょう性は限りなく低いです。自分に都合よく書くからです。共産主義国では最高位が書記長というのは、歴史は書記が作り上げるからです。→捏造、我田引水、転利。。


古代の巨石文明の驚異的な石組みの技術は、下に貼った動画の中でも言っておりますが、石を粘土のようにこねくり回して積み上げたかのように、髪の毛すら隙間に入らない精密なものです。動画とは別の科学者も、マグマのような状態から取り出して石を形成したようだと言っておりました。
当然ですが、現代地球のテクノロジーでもこのように石を組み合わせるのは不可能です。

>


石はとても不思議です。
後世に何かを確実に伝えたいのなら、石に刻むのが最良かもしれません.
古代においては石に情報を記憶させることもできたかもしれません。石からDVDディスクのように情報を引き出しているのを夢で見たことがあります。何しろ磐船が飛行していたのです。また、石でできた治療用ベッドや枕、石から治療薬を生成したりもしておりました。
地球においては、石はまだまだ未知な部分が多いと思います。
本当に地球のことを想える人が多勢を占めるなら、石も喜んでその力を発揮してくれると思っておりますが、そこに至る前にまた滅ぶのが現実のようです。

何度も書く通り、今の文明の終焉は目前です。感じている方も多いはずです。
よき光と共に穏やかに過ごせますように。

南無遍照金剛。
赤土のサル 合掌


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: ニュース  人権  報道  放送  

無能マスコミども

あまり書きたくない界のバカ騒ぎの話です・・・毒出しです。

ここ十年程のマスコミの劣化には呆れるやら頭にくるやら、まことに反吐が出そうなレベルです。
それに踊らされている野党陣営の腰抜け具合には、この国への絶望感すら感じずにはおれません。

モリカケなどを一年以上も追及していたマスコミですが、
きちんとした証拠を挙げられず、
うやむやの内に終焉させたマスコミへの信頼は地に堕ちました。少なくとも私は・・・。
それでなくとも朝日の捏造記事や、朝鮮や支那への忖度態度が続いていたので、
もはや日本のマスメディアは日本国民の敵と認定してもよさそうです。
そういう私の思いは、武田氏が簡潔にはっきりと語っておりました。まったく同感です。



先日のシンガポールでの米朝首脳会談では、押し売りエヌHKなどは大人数で取材に行ったそうですから、巨大なブースが必要となり、莫大な使用料を払ったでしょう。・・・国民から無理やりむしり取った受信料という巨額のカネからシンガポールに落としたので、シンガポールにはいい利益になったかもしれません。一方で日本人にはそれに見合う報道内容がされたでしょうか?他の報道機関が報じた内容以上のものがあったか?

報道機関は、何のために報道をするのか? ということがまったく見えていないように思います。
マスコミは権力の監視役 という言葉がありますが、意味をはき違えたバカが多すぎます。


また、殺人事件などがあると、被害者の写真や家庭状況などがつぶさに報じられたりしますが、これは人権侵害と思います。
私が知りたいのは加害者がどういう容貌で、どんなことをしたのか。どういう経緯だったのか等、あくまで加害者の情報です。
「死人の人権よりも生きている被疑者の人権が大切」と言った議員もおりますが、被疑者の人権を守らねばならないの事実としても、加害犯人の人権となると話は別です。
他人の命、人権を奪ったなら、己の命、人権が奪われても仕方ありません。昔の武士なら他人を斬ったら自身も自刃です。「人を呪わば穴二つ」という諺【ことわざ】もあります。他人様を傷つける、命を奪うなら、それなりの覚悟をしろと。覚悟もないバカに人権など与えるやさしさなど不要です。
人権団体は日本人に対するヘイト助長をしてないで、本当の「人権」に基づいた言動をしろとも言いたいです。


まぁ日本社会も、よくぞここまで地に堕ちたものだと思います。


こんなバカの極みの世界にも、光ある方々が多数でておりますのがせめてもの救いです。
彼らと共に在れるように、自分自身の磨きをしっかりとしないといけません。
最後は自分自身のレベルが問題です。

よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。

汚いことを書いたので最後は浄化のために写真を貼ります。
神々の光


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 日々雑感   Tags: 教育  

原罪 ~original sin~

原罪という言葉は日本人にはあまり馴染みがないと思います。

キリスト教はミトラ教を乗っ取り、自分たちの都合のいい様に改変してキリストを祀り上げて利用してきました。
神の名のもとに有色人種を差別し、土地を強奪するだけでなく殺戮の限りを尽くしました。
私に言わせれば、イエス様を冒涜する者共です。
私はヨーロッパの芸術、音楽なども大好きですが、キリスト教に関しては問題視しております。

十字軍


白人の精神構造については武田氏が分かりやすくまとめて下さっております。
下に動画をつけておきます。
武田氏も、白人に対する気持ちを語っておりますが、私も同じような思いがあります。

「白人最低だな」というコメントもありますが、批判するのは簡単ですが、
白人のように全滅させるなど、道徳性の高い日本人にはそれはできません。
私たちがそういう人たちと一緒に生きていくためには、
相手がそういう人間だと理解したうえで折り合いをつけていくしかありません。
これをよく弁えていたのが昔の日本人です。
部落というのは、感覚の違いによる棲み分けという性格がありました。
これを解放した明治政府も問題が大きいです。





よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事

Category: 草花愛ずる◆Flower   Tags:  育児  教育    祈り  アジサイ  

スマホで紫陽花

コンデジを購入してから、スマホで写真を撮る回数が減りました。

それでも時々、GPS記録のついでにスマホで写真を撮ることがあります。

スマホで撮った写真は、やはりスマホクオリティと言いますか、いまひとつシャキッとした画が出ません。


でも、時々ですが、おぉ!こんな画が撮れた! と思うものがあります。

この紫陽花もその一つです。↓

神社のアジサイ


この一枚は、私自身の気持ちが動いた時のものです。
神社のアジサイがきれいだなと思いながら眺めていると、この一角で視線が止まりました。
とてもいい波動が出ていたのと、
稲荷狐さんの「ここだよ」という意思を感じたので、一枚だけ写しました。


この神社のアジサイは、今年は例年以上にクリアな色彩を放っているように感じます。
氏子さんたちによって、いろいろと新たな試みが始まっているのも影響していると思います。

良い気持ち(フィーリング)は、その場(フィールド)を高次元に高めます。
よき氏子、参拝者と、稲荷狐さんやよき霊の皆様の共同作業です。
よいフィーリングがよきフィールドを形成していきます。
決して人の力だけではどうにもできないものです。

ご先祖様をきちんとお祀りされているご家庭は、
介護をしていてもよく伝わってきますし、よく導き、ご加護してくださっております。

介護でお困りの方は、ご先祖様をきちんとお祀りすることをお勧めいたします。
仏壇など不要です。
コップ一杯のお水と、少しのお供えもの、そしてできればお線香をあげて労ってください。
ご先祖様のご苦労へのいたわりと、ご自分まで血が受け継がれている歴史に思いを向け今ここに存在することに感謝することがご供養です。

ご先祖様と自分の関係に回向すること。
すべては輪廻、因果応報です。
悪しきスパイラルから解脱し、よきスパイラルへ涅槃すること。


よき光と共に在れますように。

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram
関連記事


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >